ヘッドセット

忠実度第一

ビジュアル・音響・人間工学の技術を駆使し、
最高のVR体験をお届けします。

より美しいディスプレイを目指して

最適化されたピクセルレイアウト

ヘッドセットに採用された片目1440×1600のRGB LCDはOLEDに比べてサブピクセルが50%多く、同様のレンダリングコストでよりシャープなビジュアルを提供することが可能になりました。
これに加え、OLED に比べ 3 倍も優れたフィルファクターが、スクリーンドア効果を軽減させます。

より高いフレームレート

120Hzで動作するValve Indexヘッドセットは90Hzへの後方互換性があり、試験的な144Hzモードも搭載されています。
より高いフレームレートがリアリズムと視覚的な安定性を向上させ、長時間でも快適なセッションを実現します。

極めて少ない残像

VALVE INDEX ディスプレイは点灯時間を 0.33ms~0.53ms(フレームレートに依存)に短縮することで、第一世代の PCVR ヘッドセットと比べて残像感を 5 倍改善し、頭を動かしてもじっと立っている時と同じシャープさを保ちます。

より広視野角なVR世界を

最適化された視野角

視野角を向上するためには、可能な限りレンズを瞳に近づけることが効果的です。
VALVE INDEXヘッドセットでは、装着する人に合わせてIPD (瞳孔間距離) とレンズから瞳までの距離の2点について物理的に調整することが可能であり、視野角を最適化することができます。

デュアルエレメントレンズ

VALVE INDEXヘッドセットに装備されたカスタムレンズは、鮮明さを失うことなく視野角を最大に広げます。
高い幾何学的安定性で、頭部だけでなく目を動かすことで輪郭を弯曲させることなく、周囲を見渡すことができます。

斜度のある光学レンズ

ヘッドセットのディスプレイはユーザーの目に対して垂直ではなく、外側に向かって 5 度傾いています。
これにより、内側の視野角バランスを調整しながら外側の視野角を広くすることができます。

パワフルサウンド

オフイヤーで没入

VALVE INDEXヘッドセットのスピーカーは耳に接触しない形状でデザインされています。
このデザインによりバーチャルサウンドが頭の中からではなく、外気を通って耳に届くため、より自然な形で音響を体験することができます。

長時間でも快適

物理的な接触がないため、長時間の装着でも快適です。 スピーカーの位置も最も聞き取りやすい場所へ調整をすることが可能です。

近距離フラットパネルスピーカー

VALVE INDEXヘッドセットのスピーカーは、180度に近い分散パターンで周波数帯をすべてカバーします。
また、耳の位置に合わせてスピーカーの位置を上下左右に調整することが可能であるため、音響の品質を損なうことなく多様な耳と頭の形状に対応することができます。

快適なつけ心地

頭のサイズ・形状に合わせて調整

VALVE INDEXヘッドセットは頭のサイズ、IPD(瞳孔間距離)、レンズと瞳の距離、耳の位置に合わせて調整して装着することが可能であり、個人に最適化することができます。

抗菌素材

頭と顔に接触する部分の素材は柔らかく抗菌性があり、お手入れも簡単です。
また、人間工学に基づいてデザインされたパッドが圧力を均等に分散させます。

簡単に交換できるフェイスパッド

ヘッドセットについているクッションパッドは磁気で固定されているため、取り外し清掃や交換が簡単です。

メーカーによる
メーカーのための
デザイン

カメラ

VALVE INDEXヘッドセットには、コンピュータービジョン用に作られたステレオとグローバルシャッターRGBカメラが含まれており、高品質のステレオパススルーアプリケーションにも対応可能です。

フロント拡張スロット

ヘッドセットのフロントカバーを外すとFrunkという愛称で呼ばれるコンパートメントがあります。
コンパートメントにはUSB 3.0 Type-Aポートが設けられており、サードパーティーによる拡張デバイスや自社開発した拡張デバイス等にご利用いただけます。

Steam

Steamはゲームのプレイ・コミュニティ・開発を支える究極のゲーミングプラットフォームです。コンテンツはヘッドセットに限定されるべきではないという考えのもと、Steamから購入したHTC Vive, HTC Vive Pro, Oculus Rift, またはWindows Mixed Reality ヘッドセット用のコンテンツは、Valve Indexでプレイできますし、その逆も同様です。

Steam について詳しくはこちら

製品仕様

ディスプレイ
デュアル1440 x 1600RGB LCDディスプレイ
(フルRGB /ピクセル、超低残光グローバルバックライト点灯(144Hzで0.330ms))
対応フレームレート
80Hz / 90Hz / 120Hz / 144Hz
光学
ダブルエレメント、傾斜レンズデザイン
視野(FOV)
最大 約130°
瞳孔間距離(IPD)
58mm〜70mmの範囲の物理的調整
人間工学的調整
ヘッドバンドサイズ(後部クレードルアダプターによる調整を含む)、アイレリーフ(FOV)、瞳孔間距離(IPD)、スピーカー位置調整
接続
5mテザー、1mブレークアウェイトライデントコネクタ。USB 3.0、DisplayPort 1.2、12V電源
トラッキング
SteamVR 1.0および2.0ベースステーションと互換性のあるSteamVR 2.0センサー
オーディオ
内蔵 : 37.5mmオフイヤーバランスモードラジエータ(BMR)、周波数応答:40Hz - 24KHz、インピーダンス:6Ω、SPL:1cmで98.96 dBSPL
外部出力端子 : 3.5mmのステレオミニプラグ端子
マイクロフォン
デュアルマイクアレイ、周波数応答:20Hz〜24kHz、感度:-25dBFS / Pa @ 1kHz
カメラ

ステレオ960 x 960ピクセル、グローバルシャッター、RGB(バイエル)

▼最低要件
<OS> Windows 10, SteamOS, Linux
<RAM> 8 GB+
<GPU> NVIDIA GeForce GTX 970以上 または AMD Radeon RX480以上
     DisplayPort(version1.2以上)+USB(2.0以上)必須 ※HDMIはサポートされていません
<CPU> ハイパースレッディング搭載、またはそれ以上の機能搭載。デュアルコア以上

▼推奨
<CPU> クアッド・コア以上のCPU
<GPU> NVIDIA GeForce GTX 1070以上
<USB> 3.0以上(ヘッドセット装着のカメラを使用したパススルー利用時に必要)

ご利用予定のPCスペックがValve INDEXの動作環境を満たしているかを事前に確認するために、Valve INDEXホームページにて提供している、
動作確認用ツール「Are You Ready for Valve Index?」、ならびにSteam経由で提供している「SteamVR Performance Test」を行うことを
強く推奨いたします。(どちらのソフトウェアも無料で提供)

VALVE INDEX

VALVE INDEXは全国店舗・オンラインストアであなたとの出会いをお待ちしております。